Vistaのサポート終了

Vista

2017年4月17日でWindows Vistaの延長サポートは終了しています。

まだ、Windows Vistaが搭載されたパソコンを使っている場合、どのように対応すればいいでしょうか。

Windowsのサポートとは?

Windowsには2種類の「サポート」が存在します。

  • メインストリームサポート
  • 延長サポート

メインストリームサポート

メインストームサポートとはWindows VistaなどのOS発売から最低5年間、または新しいOS(Windows Vista場合はWindows 7が該当します)の発売から2年間提供されます。

2007年4月に発売されたWindows Vistaのメインストリームサポートは2012年4月10日に既に終了しています。

メインストリームサポートでは以下の内容が提供されます。

機能の追加/改善

いわゆる新機能の追加です。

セキュリティ更新

マルウェア(コンピューターウイルス)に対応するためのセキュリティプログラムの提供です。

Windowsを狙って次々とマルウエアが登場するたびにそれに対応するセキュリティ更新が提供されています。

有償サポート

主に企業がWindowsの開発元であるマイクロソフトにお金を払って受けるサポートです。

延長サポート

メインストーム終了後、5年間の延長サポートが提供されます。

Windows Vistaは2012年4月10日のメインストリームサポート終了後から2017年4月14日まで延長サポートが提供されます。

延長サポート期間に入ると機能の追加/改善が提供されなくなります。

ただ、既にVistaの後継のWindows 7、Windows 8、Windows 10が発売されていますので、今更Vistaに新機能を望む人はいないとは思いますが。

メインストリームサポート 延長サポート
機能の追加/改善
セキュリティ更新
有償サポート

コンピューターウイルスなどやマルウエアなどに対応するセキュリティ更新は延長サポート期間中も提供されます。

企業などへの有償サポートも同様です。

延長サポート終了とは

Windows Vistaは2017年4月14日の延長サポートの終了により、マイクロソフトによるすべてのサポートが提供されなくなります。

事実上、Vistaを使うことはできなくなる

サポート期間中は新しいマルウェア(コンピューターウイルス)が出現しても、セキュリティ更新が提供されることで、パソコンがマルウェアに感染することを防いでいました。

しかし、サポート終了によりセキュリティ更新が提供されなくなれば、パソコンがマルウェアに感染するのは時間の問題となります。

そんな状態では危なくてパソコンを使い続けることはできません。

つまり、サポートが終了しているため事実上、Windows Vistaのパソコンは使えない、ということです。

Windows 10へのアップグレード

Windows Vistaが発売されたのは2007年4月なので、Vista搭載パソコンは10年近く前の製品になります。

しかし、Vista以上のWindows OSは軽量化されており、Windows VistaよりWindows 10のほうが軽いのです。

そのため、Vista搭載パソコンならWindows 10が動画する可能性は高いです。

Windows 10が動作するか確認する

Windows 10が動作するか否かは「Windows 10アップグレードチェッカー」で簡単に確認できます。

Windows 10へアップグレードする

Windows 10が動作するならWindows 10へアップグレードするのが最も安価な解決策になります。

Windows 10へアップグレードできない場合

残念ながらWindows 10へアップグレードできない場合、新しいパソコンに買い換えるしかありません。

新しいパソコンを購入する

Vista搭載パソコンと同程度の性能でよければ、現在のエントリークラスのパソコン(以下のリンクを参照ください)でも十分です。

Vista搭載パソコンを処分する

サポート終了により危なくて使えなくなったVista搭載パソコンを持っていても邪魔なだけです。

パソコンの破棄・処分についてはこちらの記事をどうぞ。

故障してしまったパソコンや買い替えなどで不要になったパソコンをそのままにしている人は多いと思います。 ヤフオクやメルカリなどに出品すれば売れるかもしれません。 しかし、現実には使わないパソコンが部屋の片隅で場所を取ってい...